WHAT’S NEW

2020.07.17応募受付は終了しました

CONCEPT

移動は人間の本能。

馬から鉄道、クルマ、飛行機と、人間は移動によって文明を進化させてきた。
現代も、物流は不可欠なインフラであり、旅行や観光は巨大産業に成長した。

その「移動」がいま、変革期を迎えている。

運転の担い手は人からAIに。クルマは所有するモノから、
シェアするサービスへ。テクノロジーが、移動の概念を覆しつつある。

一方、パンデミックに接し、人が移動し、行動を広げる
ことのリスクにも直面している。

「移動=モビリティ」を見つめ直すことで、これからのビジネス、
そして世界の動きが見えてくる。

今こそ、移動を考えよう。

モビエボとは

次世代の移動をテーマにした、オンライン番組をNewsPicksとYouTubeで配信中。毎月、モビリティサービスを手掛けるスタートアップに密着取材し、スタジオでは有識者を交えて、これからのモビリティビジネスについて議論している。

モビエボ
NEXTとは

モビエボの「次」を見出し、発掘していくための視聴者参加型のオンラインイベント。モビリティビジネスに関心があり、次のアクションを考えるビジネスパーソンを対象に、よりリアルにビジネス視点で議論し、次世代のモビリティビジネスを生み出す場を目指す。

EVENT OUTLINE

モビリティビジネスは辺境で生まれる

かつてなく移動が制限される経験をした2020年。これからの「移動」はどうなるのか。自動車メーカー、鉄道、不動産、小売りなど、これまでの業種、業界の垣根を越えて、新しいモビリティビジネスのチャンスがどこにあるのか、どのように育てていくのかを、産学それぞれの立場から議論する。

開催
日時
7月27日(月)19:00〜
形式オンラインイベント TOKYO JCT から配信
定員150人程度
参加費無料
テーマモビリティビジネスはどこで生まれるのか、モビリティアントレプレナーシップ
開催日時7月27日(月)19:00〜形式オンラインイベント TOKYO JCT から配信
定員150人程度参加費無料
テーマモビリティビジネスはどこで生まれるのか、モビリティアントレプレナーシップ

SPEAKERS

Speaker

ベンチャー事情に精通

斎藤 祐馬

斎藤 祐馬

2010年よりトーマツ ベンチャーサポート株式会社(現 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社)の事業立ち上げに参画。 2019年デロイト トーマツ ベンチャーサポート 代表取締役社長。公認会計士。 世界中の大企業の新規事業創出支援、ベンチャー政策の立案まで手掛けている。起業家が大企業100人にプレゼンを行う早朝イベントMorning Pitch発起人。主な著書は『一生を賭ける仕事の見つけ方』(ダイヤモンド社)。新聞・雑誌・テレビ・オンラインメディア等、メディア掲載多数。「2017年 日経ビジネス 次代を創る100人」に選出。
Speaker

テクノロジー分野に精通したアナリスト

泉田 良輔

泉田 良輔

GFリサーチ合同会社代表. 株式会社ナビゲータープラットフォーム取締役. 株式会社OneMile Partners 代表取締役/Chief Contents Officer. 東京工業大学大学院非常勤講師. 以前はFidelity Internationalや日本生命でポートフォリオマネージャーや証券アナリスト. 米国や欧州の小売やネット, メディア, 日本のエレクトロニクス, ゲーム, 機械産業等テクノロジーセクターが専門. 著書「銀行はこれからどうなるのか」(クロスメディア)「Google vs トヨタ」(KADOKAWA)「日本の電機産業」(日本経済新聞社出版) 慶應義塾大学大学院修士課程修了。
Speaker

モビリティビジネスのトップランナー

小寺 信也

小寺 信也

1984年一橋大学商学部卒業後、トヨタ自動車株式会社入社。海外企画部などを経て、2013年常務役員に就任。2018年よりトヨタファイナンシャルサービス株式会社取締役上級副社長に就任し、2019年に株式会社KINTO設立後、同社取締役社長も兼務する。
Speaker

モビリティ起業家

森口 拓也

森口 拓也

Mellow Inc. 代表取締役 大学2年生で起業。創業1年半で上場企業にバイアウト。その後匿名チャットアプリ「ひまチャット」「Hit Me Up!」を合わせて500万DL以上まで成長させる。現在はモビリティ・スペース・お客さんのマッチングプラットフォームを提供するMellowの共同代表。
Speaker

ファシリテーター

久川 桃子

久川 桃子

一橋大学商学部卒業後、外資系金融機関を経て2002年、日経BP社に入社。日経ビジネス記者として医薬品、運輸などを担当。2度の育休の後、ソーシャル意識の高いママ向け雑誌「ecomom」のプロデューサー、編集長を務めた。2013年には国交省より超小型モビリティ実証実験を受託し、横浜市、東急電鉄、日産自動車とともに実施した。2015年3月より NewsPicksに移籍。ブランド広告を専門に手掛ける、Brand Designチームの立ち上げからチーフプロデューサーを務める。

MOVIE

モビエボとモビエボNEXTはからお届けします。

TOKYO JUNCTION by KINTOとは?